soomooaichiのブログ

偽ユダヤの謀略による朝鮮人が戦後日本に居座り、日本攻撃の超限戦で特殊工作が続いて居る。基ブログ、https://buster21.at.webry.info/

戦後日本に居座った在日朝鮮韓国人と共産主義者社会主義者らによる、超限戦の特殊工作の日本攻撃は、在日社会、及び、与野党に存在する朝鮮共産党の支配下の在日派により実行されて居る。

広島長崎原爆投下後には、夥しい数の朝鮮人が土手下・空き地を占領、朝鮮進駐軍・朝鮮祖国防衛隊などを組織して、残忍残虐の朝鮮人特有の精神病の大集団が、日本人殺害・土地金品略奪強奪を繰り返し、当時の総理大臣吉田茂が占領軍マッカーサーに、日本の総資産の三分の一以上を朝鮮人が奪って居ると訴えていた。これは主権国民日本人の財産であり、未だ返却されてませんし、放置させているのは政治行政の不作為罪、主権国民日本人は追求して取り戻す必要があります。現在の在日は全員が不正滞在外国人となって居り、法務当局の勧める自主退去に応ずるか、若しくは、主権国民日本人が在日朝鮮韓国人を不正滞在者として、入管担当の窓口の03-5796-7256、又は、警察生活安全課の#9110、へ通報の形で対応すべきです。この場合には報奨制度で、最高額五万円までが用意されていてお小遣い稼ぎにもなります。国際法に基づく日韓基本条約で与えて居た特別永住許可は、本国の25年ごとの更新手続き拒否によって、数十年前から無効状態になって居り、政治行政の怠慢と不作為で在日社会が存在して居るのは鮮明となって居ます。そもそも、現在残っている在日は、絶対命令、マッカーサーの帰国命令で前半の60万人が戻され、未だ後半の60万人として残されて居る人達ですし、その後も国会で強制送還は閣議決定されていますから、自主退去で盗んだものを全て返して帰国すべき問題です。。 https://video.fc2.com/content/20200825LpUZawwY

基盤ブログhttps://buster21.at.webry.info/ 防犯草莽号 http://shusutbusters21.seesaa.net/

以下、コピペ引用_ 極東アジアの真実  Truth in Far East Asia I am grateful that I can freely write my daily thoughts

客家(はっか)18の教え https://blog.goo.ne.jp/xenaj/e/97d8c510d48bfa7fe3a5e1e276f2bd48 2018-10-27 14:54:27 | 日中

以下文は、客家(はっか)大富豪の教え・Kindle版・甘粕 正 (著)、ウィキペディア等々を参考に記しています。

客家(はっか)と聞かれても、?と思える方も多いと思いますが東洋、中国の血統的ユダヤ人(スファラディー・ユダヤ人)のことです。

先ず、このユダヤ人は2つに分けられます。有名な旧約聖書に記されているユダヤ人はアブラハム→ヤコブ→イサクの流れでスファラディー・ユダヤ人(主に黄色人種、イエス・キリストも同様)と言われ血統的なもので本当のユダヤ人です。

対し、世界の金融等々を支配しているのがアシュケナージ・ユダヤ人でユダヤ人と言った場合この方達を指し、世界のユダヤ人(約1340万人)の90%を占めています。

この人達は宗教がユダヤ教で、カスピ海周辺のカザール地方が出自となるようで旧約聖書に出てくるユダヤ人とは何の関係もありません。表に出ることはありませんが、タルムードを信奉していると言われています。有名なのが小説・アンネの日記に登場するアンネ・フランク等々です。

日本のタブーの一つとも言われている日本と古代ユダヤの関わり、一説では日本はスファラデー・ユダヤ人の最終到着地とも言われており、ユダヤ人(スファラディー)の全部族「12部族+レビ(祭司)」が到着しているとも言われています。これらは神道等となり天皇を頂点とする日本の核・国体を成しているとも言われています。

これらの事実が信頼出来、分かりやすく記されている本は三笠宮殿下の御著書「古代オリエントと私」、江上波夫著「騎馬民族王朝説」がお勧めです。江上氏は毎年正月皇居で行われる講書の儀で、過去に昭和天皇の前でこれらの概要を解説されているようです。

紀元前700年位前に国家を失ったイスラエル人達は預言どおり、東の島々を目指しますが途中、中国に残ってしまった部族、これが客家と言われ、秦 (紀元前、約700年~200年位)の末裔とも言われています。客家(はっか)はよそ者でもあり土地所有ができないため、多くが商人、金融業になっていますが政治にも関心を持つ人も多く、客家(はっか)の多い地域は政治に強い影響を与えてきたようです。客家出身の政治家には鄧小平、洪秀全、台湾総統の李登輝、シンガポール建国の父リー・クアンユー、フィリピンのアキノ大統領・・・陽明学の陽明、朱子学の朱子、水戸学思想の祖「朱舜水」をも誕生させた優秀な民族と言われています。客家(はっか)は、華僑・中国人社会に多大な勢力を持つ集団で、全華僑で客家が占める割合は10%にもなりませんが、華僑経済の30%以上で大富豪を多く輩出しています。

中国本土外で国籍が中国にある中国系人口を華僑といい、国籍が居住国にある中国系人口を華人と言われています。少し古い統計ですが、中国本土以外の華僑・華人人口は、台湾・香港・マカオに2700万人、他世界に2300万人(アジアは2000万人)で、合計5000万人程度(参考記事、若林敬子「中国人口超大国のゆくえ 」・岩波新書・1994)だそうです。華僑の総資産は世界で100兆円以上とも言われています。(小平 和良・日経ビジネス上海支局長執筆記事)

世界経済を裏で動かすといわれる人物を輩出している客家に伝わる、幸福になるための18の金言は客家の老人の導きによって成長してゆく一人の青年実業家の物語に託して伝えるものです。客家の教えは東洋のユダヤ人達に今も守られているそうで、興味ある内容が記されています。

特に1番目の言葉は、大変有名な言葉です。この一番だけでも理解すれば何かの参考になると思います。

客家(はっか)、18の教え

1 運は親切をした相手の背中から来る。

「人との出会いは決して偶然ではなく、頑張っている人間を必ず誰かが見ています。他人に親切にしても、その人から何か返ってくることはまずありません。しかし、その人の友人やそれを見ている人間が必ずいて、その人達から運を与えられます。つまり、自分の運をコントロールすることは可能なのです。」

2 許す事を知れば、運命は変えられる。 3 退却は重要な才能なり。

4 何を始めるかに最も時間を費やすべし。 5 ビジネスには大義名分が必要なり。 6 準備していなかったチャンスはリスク 7 小さい約束こそが重要なり。 8 家族を蔑ろにする者は成功せず。

9 お金に使われず、お金を働かせるべし。 10 50人の仲間が成功の核心となる。 11 金鉱ではスコップを売るべし。 12 安売りには必ず終わりがやって来る。 13 嫉妬は成功の敵、愛嬌は成功の素 14 物事は因数分解して考えよ。 15 汗ではなく、考える事こそが富を生む。 16 笑顔はコストゼロの最良戦略 17 「ありがとう」は、必ず声に出すべし。 18 欲望に忠実になる為にこそ禁欲的に。

終わり、コピペ引用

プロフィール
id:soomooaichi
リンク
ブログ投稿数
15 記事